MENU
閉じる

FROM PARISおしゃれパリ通信旬なパリの情報をお届け

  • 2019 April
    UPDATE - 04.10.2019
    0103

    - カール・ラガーフェルド壁画 - 2月に亡くなったカール・ラガーフェルドをモチーフにした壁画。雲の上(天国)に行ったカールが「僕は良い仕事できたでしょ?」と恐らくココ・シャネルと思われる女性に話している様子。場所はカールにふさわしいファッションエリアのマレです。作者はSoledad Bravi。「ELLE」を中心にパリジェンヌのライフスタイル、ファッションなどを描いている女性アーティストです。

  • 2019 April
    UPDATE - 04.10.2019
    0203

    - Hoxton Hotel - ロンドン、アムステルダム、ブルックリンに続き、2017年8月にオープンした「ザ・ホクストン」。ファッションやグルメなど新しいスポットの誕生が目覚ましい2区に。エントランスを入ると天井の高いカフェスペースがあり、中庭にはテラス、さらにレストランが併設され、パリの中心とは思えないほど広々とした空間です。ここ数年、ホテルに併設されたカフェに集うのがパリジェンヌのトレンド。

  • 2019 April
    UPDATE - 04.10.2019
    0303

    - 104 Paris - 19区にあるカルチャーセンター。コンテンポラリーダンスやミュージカルのショーなどが行われる広大な敷地には、レジデントとレストランも2軒併設しているので世界中からアーティストが長期滞在しに来ています。3月には俳優、ダンサーとして国内外で活躍する森山未來さんとパリで活躍するダンサーの伊藤郁女さんによる「Is it worth to save us?」が上演され、連日満員に!

内藤明子Akiko Naito
ライター・コーディネーター

茨城県出身。カルチャー誌「EYESCREAM」や「ナタリー」の編集を経て、2017年渡仏。現在、ウェブマガジンでライターの仕事や海外アーティストのブッキングなどを行う。Instagram / naito.ak

  1. HOME
  2. FROM PARIS
  3. 2019 April