MENU
閉じる

FROM PARISおしゃれパリ通信旬なパリの情報をお届け

  • 2017 November
    UPDATE - 11.15.2017
    0103

    - Palais Galliera - パリ16区、閑静な地区に佇むガリエラ美術館。この立派な建物は、1895年に建てられたイタリアルネッサンス様式の建築で、ガリエラ公爵夫人がパリ市に自らのコレクションを寄贈したのが始まり。この美術館には10万点に及ぶファッションとアクセサリーのコレクションがあり、随時テーマ毎に展示され、フランス服飾史の原点を知る事が出来ます。

  • 2017 November
    UPDATE - 11.15.2017
    0203

    - Fortuny - 1871年にスペインで生まれたマリアノ・フォルトューニ氏はパリに移住後、画家として、彫刻家や写真家として、また家具のデザインやファッションデザイナー、テキスタイルクリエーターとしてその才能を発揮。中でもプリーツ加工やベロアのドレスの数々は彼の代表作。光沢のある素材がその時代のリッチな世界を想わせます。

  • 2017 November
    UPDATE - 11.15.2017
    0303

    - シルクベロア - 照明を落とした会場では、フォルトューニ氏デザインのファッションと共に、彼のモノクロ写真やモチーフデザインの原画、染色のカラー見本など、1900年前半のオートクチュールの世界が広がっています。シックな色合いで目を惹く、シルクベロアにプリントを施したショールも、魅力的なオーラを放っています。

坂巻素子motoko sakamaki picollet
コーディネーター

東京生まれ。(株)伊勢丹にて店舗のリモデルやVMDの仕事に関わった後、 1996年渡仏。現在、某ブランドの展示会の仕事、日本文化をパリで紹介する展示の企画・運営などに関わる。 Instagram / motokina63

  1. HOME
  2. FROM PARIS
  3. 2017 November