MENU
閉じる

FROM PARISおしゃれパリ通信旬なパリの情報をお届け

  • 2017 August
    UPDATE - 08.17.2017
    0103

    - PARIS PLAGE - 今年で16回目となるパリプラージュ。プラージュとはフランス語でビーチと言う意味で、夏にバカンスに行かれないパリ市民の為にパリ市が始めた夏のイベントで、セーヌ河岸の道が車両通行止めとなり、そこが一般に開放されます。ブルーで統一されたパラソルとヤシの木が並ぶと、そこはまるで海辺の雰囲気、皆が思い思いに快適な夏を愉しみます。

  • 2017 August
    UPDATE - 08.17.2017
    0203

    - ブルー・パラソル - 昨年までは砂が運ばれ一部の場所が砂場になっていましたが、今年から砂はエコロジーに反すると、代わりに板の間の上に長椅子が置かれ、読書をする人、ローラーや自転車で行き交う人達、ゆっくり散歩をする人達、それぞれが好きな方法でこのセーヌ河岸の空間を利用、今年から2ヶ月間に延期され、市民の憩いの場になっています。

  • 2017 August
    UPDATE - 08.17.2017
    0303

    - セーヌ河岸の景色 - パリ市内で借りる事が出来るレンタル自転車「ヴェリブ」を乗り回しながらパリプラージュを走る女性、バスチーユ方面からパリ中心部へ、シュリー橋からロイヤル橋までパリプラージュには10の橋があり、それぞれの彫刻やデザインを楽しみながら散歩出来るのも醍醐味です。夜には橋も建物もライトアップされるので、昼間とはまた違う景色を堪能出来ます。

坂巻素子motoko sakamaki picollet
コーディネーター

東京生まれ。(株)伊勢丹にて店舗のリモデルやVMDの仕事に関わった後、 1996年渡仏。現在、某ブランドの展示会の仕事、日本文化をパリで紹介する展示の企画・運営などに関わる。 Instagram / motokina63

  1. HOME
  2. FROM PARIS
  3. 2017 August