MENU
閉じる

FROM PARISおしゃれパリ通信旬なパリの情報をお届け

  • 2017 July
    UPDATE - 07.12.2017
    0103

    - Cour Damoye - バスティーユ広場から1本入った小道。そこは1790年から100年間、職人の工房があったと言う静かな石畳 Cour Damoye。下町の喧噪がウソの様なひっそりとしたそのパッサージュは田舎の様な静けさ。藤棚など、様々なグリーンの鉢植えが建築と調和し、心和む秘密のスポット。

  • 2017 July
    UPDATE - 07.12.2017
    0203

    - ギャルリーラファイエット - 1894年に現在の一部の建物が建設され、その後、増築されて行ったパリの百貨店。中央に位置するドームは1912年に完成。鉄とガラスで出来た素晴しいアールヌーボーのディティール、花のモチーフのメタリック彫刻や ネオビザンチンのステンドグラス。43mもある吹き抜けはまさにアートの宝庫。

  • 2017 July
    UPDATE - 07.12.2017
    0303

    - CAFE REY - バスティーユ広場、若者が多く集まるこの地区。昔からあるカフェがどんどんリニューアルされ、こちらのカフェもトリコロールのモザイクとテラスチェアが目を引く。フランスでは店内はすべて禁煙、テラス席では喫煙自由、冷たい飲み物で喉を潤し、夏の陽射しを浴びながらゆったりと過ごす時間。

坂巻素子motoko sakamaki picollet
コーディネーター

東京生まれ。(株)伊勢丹にて店舗のリモデルやVMDの仕事に関わった後、 1996年渡仏。現在、某ブランドの展示会の仕事、日本文化をパリで紹介する展示の企画・運営などに関わる。 Instagram / motokina63

  1. HOME
  2. FROM PARIS
  3. 2017 July