MENU
閉じる

FROM PARISおしゃれパリ通信旬なパリの情報をお届け

  • 2017 July vol.2
    UPDATE - 07.26.2017
    0103

    - チュイルリー公園 - ルーブル宮とシャンゼリゼ大通りの間に位置するパリ最古の庭園。16世紀、「瓦」 (チュイル) を作る工房があった場所がイタリア式庭園に、17世紀には有名な造園家ル・ノートル氏がフランス庭園に。広大なスペースにはあちこちにガーデンチェアが置かれ、訪れる人々はそれぞれが好きな場所を見つけてひと休み出来る、世界遺産の庭。

  • 2017 July vol.2
    UPDATE - 07.26.2017
    0203

    - Les Filatures - Lyn Yipさんはカメラマンや雑誌のライターの経験を活かし、インテリア雑貨を集めた自身のショップをオープン。リネンやコットンのキッチンクロスやショールを始め、コルシカ島のハンドメイド陶器、ひとつひとつに職人のサインがあるメキシコ製カゴ、糸にこだわったトートバック。Good work & Good materials にこだわるそのセレクションは目利きの彼女ならではの洗練された世界。

  • 2017 July vol.2
    UPDATE - 07.26.2017
    0303

    - ロマン派美術館 - 今、話題のサウス・ピガール地区。19世紀にロマン派の画家が住んでいた館がそのまま残され、現在はロマン派美術館に。細い通りから奥へと入って行くと、そこは小さな庭。ボタニカルアートの画家Pierre-Josephの展示は半年間、開催中。夏の花々が咲き誇る庭で、「植物の力」と題された展示をそのまま体現!

坂巻素子motoko sakamaki picollet
コーディネーター

東京生まれ。(株)伊勢丹にて店舗のリモデルやVMDの仕事に関わった後、 1996年渡仏。現在、某ブランドの展示会の仕事、日本文化をパリで紹介する展示の企画・運営などに関わる。 Instagram / motokina63

  1. HOME
  2. FROM PARIS
  3. 2017 July vol.2